幸せ者

綾部和夫 個展

2022年9月17日(土)〜2022年9月19日(月)

にんげんのかたち

綾部さんの描く絵を見た時に
「あ、にんげんのかたち」だ、と思った。
生きることは
ひとりぼっちの旅だし
ひとりぼっちではいられない旅でもある。
たくさんの人と出会って、別れて。
繋がることができるんだ。と世界がキラキラ見える日もあれば
誰もわかってくれない。と苦しくなる日がある。
その度に心は形を変えて、色まで変わっていく。
その瞬間瞬間を切り取ったように見えるのだ。
誰にも見せることのできないこころを
ひとりぼっちで抱えることしかできないこころを
綾部さんの絵が、色が、錆が、全部で叫んでいるように見えた。
こころは大きくなったり、小さくなったり
伸びたり縮んだりしながら
叫んで走って笑って泣いて怒る。
まさしく、にんげんのかたちだ。と私は思った。
そんな人間らしい綾部さんの作品たちが
私に生きろ、と言っていた。

アイラヴミー Vo.G.さとうみほの

幸せ者の写真

綾部和夫

綾部和夫は「ぼっこや」を自称する。
「ぼっこ」は中部の方言で「ボロ、値打ちのない、ガラクタ」などを意味する。
礎は音楽畑。かつて渡辺プロダクションで山下久美子をプロデュース、昭和63年に「双啓舎」を設立し、エレファントカシマシをマネジメントした。
当時からツアーで訪れた先々で窯跡や骨董店を訪れることを好んだ。やがてボロを拾い、集め、磨き、錆を与えることで、新たな魂を吹き込む作家となった。
平成10年、古常滑陶片のアンティークショップ兼アトリエ「BOKKOYA双啓舎」を立ち上げ、創作活動、各所での展示会を精力的に行っている。

https://www.facebook.com/bokkoya.soukeisya/

Instagram: kazuo_ayabe
Twitter: ayabekazuo_official_info

*作家在展日(予定):会期中毎日

開催概要

  • 会期: 2022年9月17日(土)〜2022年9月19日(月)
  • 営業時間: 12:00~19:00  
  • 入場料: 入場無料