「イヌネコholic」プレゼント企画、たくさんのご参加ありがとうございました!

の写真

当店の2018年最初の企画展は、戌年にちなんで「犬」と、今やペット界で不動の人気を誇る「猫」、2種類の動物をモチーフに16名の作家が主に平面作品を出展、2月11日から25日まで11日間に渡り開催いたしました。アートカクテル主催企画グループ展「イヌネコholic」スタートとなる2/11は〝ワンワン〟の日、そして会期中には2/22〝ニャンニャンニャン〟の日とイヌネコ展にふさわしい会期となり、それを記念して(?)ご来場くださる皆さまにも何か楽しんでいだだける企画を・・・ということで、出展作家全員がイラストを描き下ろした寄せ書き色紙をプレゼントさせていただくことに!!ご協力いただきました出展作家の皆さま、ありがとうございました。寄せ書き色紙は、犬バージョン1枚、猫バージョン1枚の計2枚。ご来場アンケートにお答えくださった方の中から抽選でプレゼントさせていただきました。今日は、遅ればせながらその当選発表です!

本日より開催!チャリティーアートマルシェ、出展作家紹介・最終回

の写真

九州北部豪雨災害を支援するチャリティー展「Charity Art Marche」が、本日よりはじまりました。昨日は設営に追われてしまって出展作家さん紹介の続きができなかったので(ごめんなさい!)、今日は一気にどどーんと残り7名の作家さんを、展示風景と併せてご紹介いたします。ただ、本展では作品は即売のため、展示は刻一刻と変わります・・・何卒ご了承のほど!

明後日(8/18)より開催!チャリティーアートマルシェ、出展作家紹介・その2

の写真

昨日のblogでは、「九州北部豪雨災害支援 Charity Art Marche」に出展いただくおおはらあつこさん、菅谷舞さん、川瀬大樹さん、こつwさん、幸前育子さんをおすすめ作品と共に紹介させていただきました。本日も、有志の作家さん4名を紹介いたします!

チャリティーアートマルシェ、8/18から開催!出展作家紹介・その1

の写真

7月上旬に九州北部を襲った豪雨被害から早1か月以上が過ぎました。ニュースでは大きく取り上げられなくなってきましたが、少し落ち着いてきた頃だからこそ、末長い継続した支援が必要になってくるのではないかなあと思います。昨年の熊本地震の際、有志の作家さんたちのご協力ではじめて、チャリティー原画展を開催させていただきました。毎年災害が起きるのは悲しいことですが、今回も、多くの作家さんたちが作品を出品くださっています。販売価格もチャリティー設定で通常よりお安くなっています、ぜひ、お気に入り&掘り出し物を見つけてくださいね!

「ZINE文庫」終了しました!次は、8/18~チャリティー展

の写真

7月23日からはじまった企画グループ展「ZINE文庫」が、去る8月8日、13日間の会期を無事終了いたしました。出展くださった作家の皆さま、ご来場いただきましたZINEファンの皆さま、ありがとうございました(^^)

ZINE文庫に、海外から作品が届きました!

の写真

アメリカ人アーティスト・Joel Face氏から、海を渡って作品が届きました。ZINE文庫、26番目の出展作家さんです!「Face ZINE」というタイトルのそのZINEは、2014年頃から発行しているフリーペーパーの約30号分ずつをまとめた冊子。元ネタとなっているフリーペーパーは、現在90号に届くまでになっているようです、継続は力なり!JoelのZINEは、昨日より店頭にて展示・販売しております。また、フリーペーパーのバックナンバーとステッカー数種も配布しておりますので、お好きなデザインを選んでお持ち帰りくださいね。

ZINE文庫、作品紹介・その3(最終回!)

の写真

〝ZINE〟は〝ジン〟と読みます。語源は「magazine(マガジン=雑誌)」とされており、1960年代のアメリカでアーティストたちが自作の文章や言葉、絵・イラスト、写真などをコピー機やプリンターで印刷し、ホチキスや糸で綴じた手作りの小冊子がはじまりだそうです。今では、パソコンを使えば高度な編集だって可能だし、個人でも簡単に印刷会社を利用することができるので、そのクオリティには驚かされるばかりです。街の本屋さんでも一角にZINEを扱うコーナーがあったりするそうですよ。ZINE文庫では、現在25名のアーティスト・クリエイターが手掛ける約120種類のZINEを展示しています。もちろん、立ち読みだけでもOK!時代や仕様は変われど、『自分でつくる自分のための雑誌』というコンセプトは〝ZINE〟という表現方法に脈々と受け継がれています。この、かなり作者寄りのベクトルで制作された120冊の中に、あなたの感性や好みにビビビッとくる1冊があれば、それは運命的な出会い・・・かもしれませんね(^^)

現在開催中の「ZINE文庫」、作品紹介・その2

の写真

7/23から開催している「ZINE文庫」。現在25名の出展作家さんの作品を順次紹介しております。blog「作品紹介・その1」では、青木猿頬さん、哉村哉子さん、きゃるさん、くさかひろこさん、こつwさん、小森利絵さん+ちえさん、サイキエリさん、さいとーさん、silsilさん、青奇家さんの10名のZINEをプチ解説付きで紹介させていただきました。今日は何名ご紹介できるでしょうか、はじまりはじまり・・・

ZINE文庫、はじまりました!作品紹介・その1

の写真

昨年6月に開催したアーティスト・クリエイターがつくる小冊子の企画グループ展「ZINE文庫」が今年も帰ってきました!*昨年の様子はこちら第2弾となる今回も、メインビジュアルはイラストレーター・ミヤザキさん描き下ろしていただきました。ZINEの神様『風ZINE(じん)』と『雷ZINE(じん)』が、まずは皆さんをお出迎えです。出展作品は8/1まで受付中→ZINE文庫・出展募集・・・なので、今日(7/25)現在では、25名の作家さんによる約120種類のZINEを展示・販売しております。今日から順次、作家さん毎の出展作品を紹介していきますね!

台湾アーティスト・Candy Bird氏の日本初個展、終了しました!

の写真

去る7/17、台湾のストリートアーティスト・Candy Bird氏の日本初個展「不発弾処理 Remove Bombs」が終了しました。今回の個展は、台湾・台中のギャラリー・自由人藝術公寓とのアート交流として実現、ただ、Candyとは設営日にここアートカクテルでお会いするまで全く面識がなく、どんな人なのかなーととてもドキドキしました・・・台北人らしく(!?)マイペースな方でしたが、温厚で礼儀正しく、当方の台湾人スタッフともとてもよいコミュニケーションをとられていました。おひとりの来日、しかも初めての場所での展示で不安も多かったと思うのですが、すてきなお人柄に感謝です!*設営の様子、オープニングイベントの様子はこちら

Candy Bird氏による中津・Live Space Vi-codeの壁画が完成しました!

の写真

都市空間や路上などの公共空間で表現されるストリートアートやグラフィティを活動の主とするCandy Bird氏。台湾をはじめ、世界の様々な場所で彼の作品を目にすることができます。*Candy Bird氏の壁画作品は公式WEBサイトをご覧ください http://candybird.net/今回の個展来日に合わせて、系列店・Live Space Vi-codeの壁画を制作いただくことになりました。

台湾アーティスト・Candy Bird氏の日本初個展が始まりました!

の写真

台湾・台中にあるアートギャラリー・自由人藝術公寓とのアート交流も今年で3年目。自由人からの提案で、今年はお互いが推奨するアーティストによる<個展>の交流となりました。先行して、4月下旬より、日本アーティストのsilsilさんの個展を台中・金典綠園道商場 SH[ ]W ROOMにて開催。続いて、台湾アーティストのCandy Birdさんの個展を、ここアートカクテルにて7月7日から17日まで開催いたします。

公式サイト、リニューアルしました!

リニューアルに伴い、これまでに開催した展覧会・イベントの告知ページが変更になりました。過去のSNS等の記事においては掲載されているURLのリンク先が不明となる場合もあるかと思います、何卒ご了承ください。新サイトでも過去の情報入力がまだまだ追い付いついておらず、ご不便をおかけしております。順次、充実させていく予定ですので、しばらくお待ちください!もちろん、これから開催される展覧会・イベントの最新情報は随時更新しておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。アートカクテル スタッフ一同