個展作家紹介:Narumi Kawase

Narumi Kawase

青のアート

Statement

絵を描くことが紙に価値を与えるというなら、
絵を描くことをもって偽物の花に本物以上の価値を与えることができるかもしれない。

ボロボロになったドレス、消費される造花、ささやかな孤独と思い出。
取るに足らないとみなされ捨てられていくものを塗装や描写をもって作品とし、
誰かの記憶に残したいと思っています。

Profile

2016年以降から展示活動を開始。
2021年にペイントしたウエディングドレスの撮影時、現実と写真の中の「青色」の違いに衝撃を受け、以降は手に入らない理想の象徴として作品に多用するようになる。
物へのペイントや通行人のリクエストを絵に書いていく「お題ライブペイント」など、ライブペイントでも活動中。

ライブペイント動画URL

○展示・活動歴
【個展】
2016「Forget me not」(GALLERY龍屋/ 愛知)
2017「Depth」(ギャラリーカフェテオ/愛知)
2018 「release」(#1010/愛知)
2018 「Narumi Kawase展」(カフェあらたると/愛知)
2018 「letters」 (カフェムジーク/愛知)
2019「Afterimage」(Gallery Whitecube/愛知)
2020 「Narumi Kawase展」(カフェあらたると/愛知)
2021 「まぶたの町」(アートカクテル/大阪)

【ライブペイント】
2013 クリエイターズ・マーケット(愛知)
2014 クリエイターズ・マーケット(愛知)
2018 Taipei illustration fair (台北)
2019 L.A.B Live Art Battle(愛知)
2019 Taipei illustration fair (台北)
2019 今池祭り(愛知)
2021 ART communication(高島屋/愛知)
2021 マタニティ&ボディペイントショー(クロッキーF美術館/愛知)
2021 ドレスペイント(リテイル百貨店/愛知)

○受賞歴
2018 ZEROTEN2018(GALLERY龍屋/ 愛知) 人気投票10位
2019 40ones (gallery40/愛知)/人気投票2位
2019 第2回公募展「Time」(アートカクテル/大阪)ギャラリー賞 gallery mouth20賞
2020 第3回公募展「Beyond」 (アートカクテル/大阪)gallery mouth20賞

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Narumi Kawase

Instagram: narumi_k523
Twitter: menma523

Narumi Kawaseの写真

昨年に引き続き個展開催!

2019年開催の当方公募展にてギャラリー賞を受賞、その副賞として、2021年6月に南森町のギャラリーにて個展「まぶたのまち」を開催いただきました。

実際のところ、コロナ禍のため2月下旬開催からの延期、また、延期後の開催時期も社会情勢が安定しなかったため、展覧会開催の十分な告知ができませんでした。

あれから1年、まだまだ気の抜けない日々が続いていますが、今年も同作家さんに開催いただくことで、皆様に勇気と安心を少しでも感じていただけたら嬉しいです!

昨年に引き続き個展開催!の写真

個展「Bouquet」

Narumi Kawase 個展

私たちは無意識に自分自身の価値を決めてしまっていて、うつくしいものを抵抗なく手にすることができるかどうかはひとつの基準ではないかと思います。

花束を受け取れない人や誰にも渡せない人、
あるいは捨ててしまった人、
うまく生きていけない不器用なひとたちのお話を描きました。

<展示作品>
ペイントした花束を30数点、小作品を含めたアクリル。
ボールペン画を20点以上展示予定。

================

個展「Bouquet」

会期: 2022年7月2日(土)〜10日(日)
営業時間: 12:00~19:00 *最終日は17時まで / 会期中無休
入場料: 入場無料

*作家在廊日(予定):7/2(土)終日、3(日)12~17時、9(土)終日、10(日)終日

================

個展「Bouquet」の写真