にっちも個展、ご来場ありがとうございました!

の写真

当初、今年の5月に開催予定だったイラストレーター・にっちもさんの個展が、去る9/5(土)より、満を持して開催する運びとなりました。今年の春から初夏にかけて、新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言の発令やその後も継続する自粛要請などで、会社や店舗営業然り、スポーツや音楽、アートなど様々なイベントのスケジュールが変更を余儀なくされました・・・今思い返しても、本当に大変な時期だったと思います。もちろん、コロナ禍は今日現在も続いています。その中で、企業や団体だけでなく個々個人が知恵を絞って、新しいカタチの日常を模索しながらそれぞれの活動を再開しています。そういった姿がお互いにお互いを勇気づけて、少しずつ、よいカタチの未来に近づけばいいなあと、今後、展覧会を開催される作家さん全てに心からエールを送ります!

公募展beyond、アワード受賞作品を発表!【オーディエンス賞】

会期中、来場者様による投票には99名、WEB投票では207名の皆様にご参加いただきました、ありがとうございます!※以下、受賞作家の敬称は略させていただきます。

公募展beyond、アワード受賞作品を発表!【海外アートイベント出展権】

昨年より、台湾・台北のフロップ フロップ ホステル ガーデン(Flip Flop Hostel - Garden)さんと進めていたアートイベントがありました。当初11月に開催予定でしたが、今現在、海外への渡航の目途がたっていないので来年以降開催に向け、舵を取り直すこととなりました。企画していたアートイベントは、宿泊施設の2階フロアの個室や廊下でアート作品の展示を展開し、また、中庭では音楽ライブやアートマーケット、ライブペイントなどを日本と台湾のアーティスト合同で賑やかに開催するという、思い描くだけでも楽しそう!・・・でも今は少し、この企画もStay Home中です・・・どういった形で再出発できるかまだ具体的には決めかねていますが、賞としての「出展権」はこのままKeepさせていただきますので、近い将来、ご一緒できれば嬉しいです。※以下、受賞作家の敬称は略させていただきます。

公募展beyond、アワード受賞作品を発表!【ギャラリー賞】

副賞の個展は、2020年1月以降の開催を予定しています。今年から、作家活動のプロモーションとして「Artists Collection」という紹介冊子を不定期発行していますので、ご希望があれば個展と併せて発行させていただきます。<参考>Artists Collectionvol.1 NiJi$uKe / vol.2 岸田リサ / vol.3 スミシャ / vol.4 こつw(予定)※以下、受賞作家の敬称は略させていただきます。

公募展beyond、アワード受賞作品を発表!【Link Lion賞】

副賞の展示は作家本人の台湾への渡航が絶必となるため、エントリーした29名の日本人作家の中から選出いただきました。当初、展示は今年11月の開催を予定していましたが、今現在、コロナ禍で海外への渡航の目途がたっていませんので、開催時期は来年以降で調整させていただきます。Link Lion(台湾・台北)https://www.facebook.com/LinkLion2016/

公募展beyond、アワード受賞作品を発表!【オーナー賞】

残念ながら、今回は該当作品がありませんでした、大変申し訳ありません・・・代替案として、下記賞を設けさせていただきました。

公募展beyond、アワード受賞作品を発表!【Vi-code賞】

現在、コロナ禍の影響でライブハウスは定期的な音楽ライブを開催することが大変難しい状況です。副賞のマンスリーはまだ少し発行することができそうにありませんが、再開の暁にはぜひご一緒いたしましょう!Vi-codeマンスリースケジュール:A5二つ折り/フルカラー、毎月5000部以上発行、Vi-code店頭及び関西一円の音楽関係各所に配布しています。※作品の掲載謝礼あり、担当月数は未定Live Space Vi-codehttp://www.vi-code.com/※以下、受賞作家の敬称は略させていただきます。

公募展beyond、アワード受賞作品を発表!【gallery MOUTH20賞】

昨年に引き続き、賞をご提供いただきました、ありがとうございます!今年は昨年より6作品多い、18作品を選出いただいております。副賞となる個展は、2021年1月中旬より順次開催予定です。gallery MOUTH20https://gallery-6.jimdosite.com/※以下、受賞作家の敬称は略させていただきます。

第2回公募展・特別賞の展示、9月以降のスケジュールをお知らせします

の写真

昨年開催した当店主催第2回公募展「TIME」で特別賞を提供いただいた神戸・住吉のギャラリーが、2020年4月1日より運営をスタートしました!街道沿いに面した大きなショーウインドウがメインの展示となるユニークなギャラリーです。JR住吉駅から徒歩3分、外が明るければ作品鑑賞OK、近くにお越しの際はぜひ足を延ばしてみてください♪※ディスプレイ展示のためガラス越しのご鑑賞となります。基本的に作家在廊、ギャラリースタッフによる接客はありません。gallery MOUTH20https://gallery-6.jimdosite.com/

【公募展beyond・作品紹介㉒】吉野奈津子 / lacca / わんぱく中年とのまる​

の写真

It's beyond me.私にはわかりません。  beyond について調べていたら、一番しっくり来たのがこのフレーズでした。  超えるべきもの、超えたいもの、それを模索する為に絵を描いています。S4/和紙、洋紙、墨、ペン¥40,000-+税more photosTwitter: yoshino_ArtInstagram: natsuko_yoshino_art

【公募展beyond・作品紹介㉑】Yuzuriha so_ / yuma wu / 葉江

の写真

「感情」を表した絵を制作しました。今とても悲しい事があったとします。その後、あなたは何を思いますか?次は嬉しい事もあるよ。もう嫌な事しかないや。考え方や感じ方、環境によって辛い事や悲しい事が人によって感じ方も違うと思います。今回の絵見た方それぞれが私の感情表現や想いを色んな見方や考え方で見てくださると嬉しいです。227mm×227mm/キャンバス、マルチライナー、シルク印刷¥6,000-+税more photoshttps://yuzuso.wixsite.com/so-ampersandInstagram: sou_yozora_

【公募展beyond・作品紹介⑳】MOCCHI / 百世 / 山口珠未

の写真

現実世界の向こう側(beyond)を夢と設定し、夢の世界での自分のタッチを想像しながら、時には頭の中をお花畑にしながら描きました。夢の世界は自分の思う様にはいかないという点を、バクの輪郭線や塗りをキャンバスを逆さにして描いてみたりそこにあるはずがない物を描いたり、普段の制作とは少し異なりました。しかしながら自身のコンセプトである「人の気持ちを元気に!お部屋を明るく!」も意識しながら色に愛と優しさを込めました。作品を通して何か思い巡らせて頂けたら幸いです。S4/アクリル、ガッシュ、メディウム、オイルパステル¥30,000-+税more photos

【公募展beyond・作品紹介⑲】マトカノオド / 水馬鉄也 / 三好知恵

の写真

先に見える景色と向こう側からの景色の交わり同じ世界が違って見えそこに感じる時を超えた郷愁そんな空間をイメージしました315mm x 315mm/ミクストメディア¥18,000-+税more photosTwitter: matkanodeInstagram: matka.node

【公募展beyond・作品紹介⑱】穂波梅太郎 / bo-bo illustration / 前田登志春

の写真

今回の作品は「懐かしさに思いをはせる時間」をコンセプトに作成しました。公募展のテーマが「beyond」であり、~の向こうに、~を超えてと考えた時私の中で「追憶」という言葉が浮かびました。雨で濡れたアスファルトの匂い、汗ばむ夏の日差し、日に日に早くなる日没など、毎日変わらないようで少しずつ変化していく日々の中に追憶の欠片が散らばっています。その中でも窓というものは、吹き抜ける風の温度や匂い、外から聞こえてくる音や声など気持ちを揺らすものが多くあります。今回は夏の日の窓を描き「追憶に浸る時間」を表現しました。S4/キャンバス、アクリル¥32,000-+税more photos

【公募展beyond・作品紹介⑰】ピト / ひらいふみ / 細川高文

の写真

過去や未来を掴み取って進んで行こう我が道をF4/アクリル¥30,000-+税more photos

【公募展beyond・作品紹介⑯】鳥控 BIRDCONE / 原野犂蔵 / ヒサキ トモミ

の写真

「優雅な生活」はレトロをコンセプトとしたシリーズです。中華民国初期の時代の古今が融合される雰囲気がとても好きです。あの時期を背景としたドラマにもすごく影響されています。現代女性が古い家で、生け花や焼香、お茶を淹れることなどの生活の一面を表現しています。現代女性の要素を加えて、仕女図を真似し、創作した作品になります。210mmx280mm/色鉛筆の原画をデジタル出力¥5,500-+税more photos

【公募展beyond・作品紹介⑮】NiJi$uKe / にっちも / Norman Normal

の写真

昨今のコロナの影響で外出や仕事の規制など、過ごしずらい毎日が続いています。自分に出来るとこ、やるべき事はしっかりやって、その他の余った時間はのんびりと。きっとこの後大変な事や忙しくもな事もあるだろうから。不安や焦りもあると思うけど、のんびりしかできない今を満喫しながらアフターコロナを待ってみるのもどうでしょうか。F4/キャンバス、アクリル絵具¥30,000-+税more photos

【公募展beyond・作品紹介⑭】鳴沢夕影 / Narumi Kawase / 南平有梨奈

の写真

全ての命に訪れる、誰の予想も及ばない世界。自分に出来る唯一の準備としてこれを描いた。今の向こう側は、いつもすぐそこにある。240mm×190mm(額: 330mm×270mm)/イラストボード、アクリル非売more photosTwitter: sekiei_narusawaInstagram: sekiei.n825

【公募展beyond・作品紹介⑬】和耶かえで / 梨野名為 / 鍋島あやこ

の写真

不安、孤独、閉鎖感。。。陰陽様々な感情の渦巻く自分の心と向き合って、その全てが私だと認め受け入れ、前に進もうという想いを月のキレイな夜に海辺で雲と月を眺めた時のインスピレーションで描きました。F4/キャンバス・アクリル絵の具・メディウム¥50,000-+税more photosInstagram: honeydew.13Facebook: nagoyakaede

【公募展beyond・作品紹介⑫】ないとうたかし / 永田恵理 / 中山巳楽

の写真

今の自分の限界を超えさらに上のステージへ。そのためにはとても大変な努力がいり、苦行苦悩を必要とします。          結果、大きなものを得ることが出来ますが、引き換えに、失うものも有るかもしれません。一見キラキラしてかっこよく憧れの存在の魔法少女。でも実は見えないところで葛藤しているイメージを変身シーンで表現してみました。F4/アクリル絵具、パネル、ファイバーペースト¥35,000-+税more photos

【公募展beyond・作品紹介⑪】chitose chitose / 寺岡りん / TON

の写真

さまざまな事がおこりますが、それぞれがもつ風向きで、周りの人と作用しあったりしながら乗り越えていけたらいいなと思いながら描きました。300mm×300mm/木製パネルにアクリルガッシュ、クレパス、色鉛筆¥20,000-+税more photosTwitter: g_katsuoInstagram: ctscts_art

【公募展beyond・作品紹介⑩】田熊素卬 / 龍輪樹 / TANICHO

の写真

歴史は紡いでいく遥か昔の光の詰まった石現在の光もきっと 未来へつながっていくSSM/パネルに水彩紙、墨、ジェッソ、アクリルガッシュ、コーヒー¥10,000-+税more photos

【公募展beyond・作品紹介⑨】スミシャ / dai / 田尻恵理菜

の写真

「beyond」を検索したところ「人知を超える」「理解できない」等の例文が出てきました。そこから小さい頃に怖がってたおばけや私の中では生きていたぬいぐるみや目の前を飛んでいた謎のうにゃうにゃを思い出し、今は見えなくなってしまったよく分からない愛しいものたちを描きました。S4/キャンバス、アクリル絵の具¥24,000-+税more photos

【公募展beyond・作品紹介⑧】阪口健 / Satomi Tanji / 白鹿七彩

の写真

僕は脚が好きです。理由は曖昧です。それでも好きです。でも他人に「脚が好きです」って、言いにくいんですよ。なので描きました。F4/スポンジ、アクリルスプレー、ラップ非売more photosTwitter: vache_et_tigre

【公募展beyond・作品紹介⑦】黒樫一歩 / 王凱虹 Coca Wang / こつw

の写真

絵具を1枚の布、それを定着させるキャンバスを糸に見立てて、絵画の要素を再構築した作品。200mm×260mm/アクリル絵具、縫糸¥50,000-+税more photosTwitter: Ippo_KurogashiInstagram: ippo_kurogashi

【公募展beyond・作品紹介⑥】川添裕子 / 岸田リサ / 北村侑紀佳

の写真

延々と続く曇り空と砂浜私とドリーは波打ち際をひたすら歩いて漂着物を海に投げていくS4/紙とペン、透明水彩非売more photoshttps://thisisgallery.com/shop/kawazoe_hirokoTwitter: zoegontaInstagram: zoegonta

【公募展beyond・作品紹介⑤】絵人みずたに / Kawo a.k.a Sushijojo / 川瀬大樹

の写真

コロナ禍が我々人類をレントゲンにかけている、といった意味のことを説いた人がいた。地球はなぜ我々をここに住まわせ、これからどこに向かわせようとしているのだろう。ほかのいきものたちの視線は、いま右往左往している我々をどう見ているのだろう。とまあ、そんなことを考えつつ。A4/イラストボード、透明水彩、パステル、色鉛筆¥24,000-+税more photosTwitter: KAIJIN_mizztaniFacebook: kaijinn

【公募展beyond・作品紹介④】おかしなせかい / 大月英雄 / オカジマヨシコ

の写真

いちごが好きな子が、いちごと一体化していく様子を描きました。いちごはかわいい。だから、いちごになりたい。いちごを食べるとね、いちごになれるの。目とか、髪とか。。。。ほら、どんどんいちごになっていく。S4/アクリル絵の具¥35,000-+税more photos

【公募展beyond・作品紹介③】井上純也 / 内田勝美 / Wang yi hsuan

の写真

託される想い 日々生きるために奪い取っていく想い  それらは絡まり解けて舞っていく その先に何かがあると信じずにはいられない視線の先を掴めよ そこへつながる一歩を刻めよ242(H)×333(W)/水彩絵の具・水彩紙¥60,000-+税more photos※原画は額入りのため、掲載画像は作品データ(複製防止のため文字を入れています)

【公募展beyond・作品紹介②】ikemiya / 石塚ちえ / 石和ヒロミ

の写真

最初、着想として宇宙や星などを考えた。そこから終わりと始まり、出会いと別れ、それらを越えていかないと新しい出発点は無いなと思い桜を加える。夜は闇、妖精は自分や他者が超自然的な存在として認識し、闇の世界から希望を見いだすイメージ。全体として苦しみと喜びの混在した世界の表現を心がけた。S4/アクリル絵の具、ミリペン、木製パネル¥12,000-+税more photos

【公募展beyond・作品紹介①】麻生ふゆ / a piece of pie / R alien

の写真

この作品には、"どんなに離れて この世でさえなくとも 私たちはひとつ やっと手を繋いで"という詩が付いています。作品には幾つもの途切れた線があります。それはどんな世界でも、どんなに遠くとも、切り離されようとしても、必ず私たちはそれらの苦難を超え、ひとつになれることを暗示しています。今回のテーマであるbeyond、それを真っ直ぐに可能性を込めて描きました。超えてゆこう。F4/アクリル、日本画材、彫刻刀¥27,000-+税more photos

近藤仁美さんの神戸・住吉でのショーウインドウ展示は今週末まで!

の写真

gallery MOUTH20は神戸・住吉にあるショーウインドウタイプのギャラリースペースです。昨年開催した当店主催第2回公募展に特別賞をご提供いただき、選出された12人の作家さんが副賞として2020年4月より順次、個展を開催しています。今週末までは抽象画・近藤仁美さんの展示をご覧いただけます。近藤仁美展2020年7月20日(月)~8月8日(土)Twitter: nyugyu13Instagram: nyugyu13

TONさんの神戸・住吉での展示が終了しました!

の写真

去る7月19日、神戸・住吉で開催中だった「TON EXHIBITION」の展示撤収がありました。6月29日から約3週間、道行く皆さんにショーウィンドウ展示を楽しんでいただきました。夜間に訪れてくださった方もいたようでほぼほぼ24時間、そして街道沿いなのでドライブがてらちょこっとお立ち寄りもいただけるユニークなギャラリーです。

TONさんの神戸・住吉でのショーウインドウ展示は今週末まで!

の写真

gallery MOUTH20は神戸・住吉にあるショーウインドウタイプのギャラリースペースです。昨年開催した当店主催第2回公募展に特別賞をご提供いただき、選出された12人の作家さんが副賞として2020年4月より順次、個展を開催しています。今週末までは色鉛筆アーティスト・TONさんの展示を鑑賞いただけます!TON EXHIBITION2020年6月29日(月)~7月18日(土)Twitter: andSOROR_TONInstagram: ton_sororFacebook: andSOROR

にっちもさんの神戸・住吉での展示が終了しました!

の写真

去る6月28日、昨夜からの雨が止んで少し涼さを感じる中、「にっちも展」の展示撤収がありました。6月8日から約3週間、メインの作品に描かれた神戸の花・あじさいがぴったりの季節を、道行く皆さんにも感じていただけたと思います。にっちもさん、お疲れさまでした!

にっちもさんの神戸・住吉でのショーウインドウ展示は今週末まで!

の写真

gallery MOUTH20は神戸・住吉にあるショーウインドウタイプのギャラリースペースです。昨年開催した当店主催第2回公募展に特別賞をご提供いただき、選出された12作家が副賞として2020年4月より順次、個展を開催しています。今週末まではイラストレーターのにっちもさんの展示を鑑賞いただけます!にっちも展2020年6月8日(月)~27日(土)Twitter: GeolgeDaiolInstagram: nicchimonicchimoFacebook: Nitchimo

こつwさんの神戸・住吉での展示が終了しました!

の写真

去る6月7日、梅雨入り前の晴天の下、展示の撤収がありました。5月18日から約3週間、道行く皆さんに、モビールのゆらゆらゆれる賑やかな展示を楽しんでいただきました。こつwさん、お疲れさまでした!新作「わらわらかっぱ」の解説、次回展示の告知などは映像にてお届けいたします、ぜひご視聴ください!

第2回公募展・特別賞の展示、6月下旬以降のスケジュールをお知らせします

の写真

昨年開催した当店主催第2回公募展「TIME」で特別賞を提供いただいた神戸・住吉のギャラリーが、2020年4月1日よりスタートしました。街道沿いに面した大きなショーウインドウがメインの展示となるユニークなギャラリーです。JR住吉駅から徒歩3分、近隣の皆様はもちろん、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください♪※ディスプレイ展示のためガラス越しのご鑑賞となります。基本的に作家在廊、ギャラリースタッフによる接客はありません。gallery MOUTH20https://gallery-6.jimdosite.com/

こつwさんの神戸・住吉でのショーウインドウ展示は今週末まで!

の写真

gallery MOUTH20は神戸・住吉にあるショーウインドウタイプのギャラリースペースです。昨年開催した当店主催第2回公募展に特別賞をご提供いただき、選出された12作家が副賞として2020年4月より順次、個展を開催しています。今週末まではイラストレーターのこつwさんの展示を鑑賞いただけますよ!こつw展2020年5月18日(月)~6月6日(土)Twitter: kotsuwInstagram: kotsuwFacebook: kotsuw

daiさんの神戸・住吉での展示が終了しました!

の写真

去る5月17日に展示の撤収がありました。諸事情あり6週間という長い長い会期でしたが、その分、多くの道行く皆さんにたくさんの春をお届けできたのではないかと思います。daiさん、お疲れさまでした!そして、これからは映像の力も借りて、アートのすばらしさや楽しさ、作家さんの人となりなどを発信できたらと、探り探りでYouTubeもやっていきたいなあ・・・と、無理を承知でdaiさんにご出演いただきました。daiさん、ありがとうございます!

第3回公募展、立体作品の募集もはじまりました!

の写真

コロナ禍で会期を再調整していた当店主催第3回公募展、先日、8月1日より開催で最終決定いたしました。只今、出展募集中!→詳細はこちらいろいろと大変な時期ですが、立ち止まらない&止められないモノづくりの純粋な思いが、また新しい力となって繋がっていくことを願って、多くの作家さんにご参加いただけたら嬉しいです。また、例年、壁面に展示できる平面作品のみの募集でしたが、今年は若干の立体作品も募集してみたいと思います!

第2回公募展・特別賞の展示がはじまります! ※4/22 変更あり

の写真

※4/22 諸事情により会期を変更いたしました(dai展:延長、にっちも展:延期)。詳細は以下にてご確認ください。昨年開催した当店主催第2回公募展「TIME」で特別賞を提供いただいた神戸・住吉のギャラリーが、2020年4月1日よりスタートしました。名称は・・・gallery MOUTH20https://gallery-6.jimdosite.com/街道沿いに面した大きなショーウインドウがメインの展示となるユニークなギャラリーです。JR住吉駅から徒歩3分、近隣の皆様はもちろん、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください♪※ディスプレイ展示のためガラス越しのご鑑賞となります。作家在廊、ギャラリースタッフによる接客はありません。

第3回公募展、出展募集中!気になるアワード(各賞)は・・・ ※6/4、賞を追加しました!

の写真

※6/4 賞が追加されました(gallery MOUTH20賞)※5/4 緊急事態宣言延長のため、会期を再調整しました。※4/8 新型コロナウィスル感染拡大に伴い、会期等を変更いたしました。2018年よりはじまった当店主催の公募展も今年で3度目。今回は少し様変わりして、支持体(キャンバスやパネルなど)は自由!展示の関係で規定サイズ以下にはなりますが、額装作品もOKです。そして、立体作品での出展ご要望もあるようですので、只今調整中・・・・出展募集の詳細は↓をご覧ください!http://www.art-cocktail.net/exhibit-news/detail/526